Column コラム No.08 2017Spring

春の芽吹きをいただきましょう

そら豆、レタス、うど、クレソン・・・。春になると、たくさんの野菜やハーブがいっせいに芽吹きます。葉も柔らかく、香りも鮮烈な春の食材。せっかくなら、火を通さず生のまま春の恵みをいただきましょう。

HiBiNa 冬のパーティセットレシピ

鯛とせん切り野菜のカルパッチョサラダ

■材料(2人分)

鯛刺身120g、じゃがいも30g(約1/3個)、うど30g(4cm)、セロリ15g(4cm)、
松の実・くるみ・いちご・ハーブ・黒胡麻(各適量)、
あまおうとラズベリー香るドレッシング適量

■作り方

①じゃがいも、うど、セロリはそれぞれ皮やすじを取って千切りにし、水にさらす。
②器に鯛を盛り、①をのせる。器の周りにお好みのナッツやハーブ、香辛料をあしらい、
<あまおうとラズベリー香るドレッシング>をかける。全体を混ぜ合わせていただく。

春レタスのミモザサラダ

■材料(2人分)

レタス1/2個(140g)、茹で卵1個、黒胡麻とアンチョビのシーザードレッシング適量

■作り方

①レタスは2等分に切り、ゆで卵は白身と黄身に分け、白身はみじん切りにする。
②器にレタスを盛り、①の白身をかける。黄身を茶漉しに通し、全体にかける。
<黒胡椒とアンチョビにシーザードレッシング>をかけていただく。

アボガド香菜サラダ

■材料(2人分)

アボカド1個、ローストビーフ100g、香菜適量、クレソン適量、レモン適量

■作り方

①アボガドは皮と種を取り、食べやすい大きさに切る。ローストビーフも食べやすい大きさに切る。
②香菜、クレソンはざく切りにする。
③器に①を盛り、②をのせる。<大豆と醤油のうまみドレッシング>をかけ、お好みでレモンを添えていただく。

鯛のセビーチェ

■材料(2人分)

ホタテ貝柱(刺身)50g、鯛刺身50g、グレープフルーツ1/3個、クレソン適量、
温州みかんとオレンジのさわやかドレッシング適量

■作り方

①ホタテ、鯛、グレープフルーツは1㎝角に切る。
②器に①を盛り、クレソンを散し、<温州みかんとオレンジのさわやかドレッシング>を全体に回しかけていただく。

春の豆ピクルス

■材料(2人分)

スナップエンドウ8本(30g)、グリーンピース50g、空豆50g
A:りんご酢と柑橘果汁の洋風ピクルス50ml、水50ml

■作り方

①スナップエンドウ、グリーンピース、空豆はそれぞれを塩を加えた熱湯で色よく茹でる。流水にとって冷まし、水けを切る。
②保存容器にA、①を入れ、30分程漬け込んでいただく。

Backnumber 過去のコラム

HiBiNaでつくる 大切な人との贅沢ディナー

大切な人と2人で楽しむおうちディナーは、お料理に時間をかけるよりも、食卓でのひとときを大切にしたいもの。
HiBiNa冬のパーティーセットがあれば、2人分の贅沢ディナーを手早く準備できます。味がすぐに決まるから、初めてのお料理にも安心して挑戦してください。

No.06 2016autimnを読む

秋の実りをいただくHiBiNaのごちそうサラダ

サラダのバリエーションを広げてくれるHiBiNaのドレッシングに、秋限定で『柚子胡椒と昆布の和風シーザードレッシング』と『温野菜によく合う生姜クリーミーソース』が仲間入り。
メインディッシュになる秋のごちそうサラダをお楽しみください。

No.06 2016autimnを読む

「はじめてセット」で火を使わない夏レシピ。

ドレッシング・スープベース・ピクルスの素など人気の6アイテムを組み合わせた「HiBiNaはじめてセット」。夏の食材を使ったお料理で、手軽さとおいしさをお試しください。暑い時期なので、火を使わずにつくれるレシピをご案内します。

No.05 2016summerを読む

春野菜と魚介のマリアージュをさわやかなフルーツドレッシングで。

みずみずしい春の野菜は、魚介類と合わせて、さわやかにいただきましょう。パーティーの食卓に並べたら、それだけで会話も弾みそうです。

No.04 2016springを読む

HiBiNaクッキングソースさっと炒めて、できあがり。

HiBiNaのやさしい味わいは、 冬の根菜類にもぴったりです。
レンコンやさつまいもは、ほっくり煮込んだスープに。 HiBiNaの「スープベース」なら、 お湯を加えてレンジで温めるだけ。

No.03 2015Winterを読む

HiBiNaで広がるサラダの可能性

食べやすく、とっても可愛い「スティック・オープンサンド」が今、大注目。
HiBiNaのクッキングソースで炒めた野菜を、縦に切った食パンにのせるだけ。

No.02 2015Autumnを読む

HiBiNaクッキングソースさっと炒めてできあがり。

どうしても単調になりがちなサラダ。もっと食卓に並べるには?もっと楽しく作るには?
“重ねる“サラダに注目しました。。

No.01 2015summerを読む

News お知らせ