Column コラム No.01 2015Summer

HiBiNaで広がるサラダの可能性

どうしても単調になりがちなサラダ。もっと食卓に並べるには?もっと楽しく作るには?“重ねる“サラダに注目しました。

HiBiNa ジャーサラダレシピ

パーティに、休日のランチに。HiBiNaの調味料と人気のジャー(瓶)で、きれいな重ねるサラダを作りましょう。

レシピ提供:若山曜子先生

東京外国語大学フランス語学科卒業後、パリへ留学。ル・コルドン・ブルーパリ、エコール・フェランディを経て、フランス国家資格(C.A.P)を取得。現在は雑誌や単行本、ウェブのほか、お菓子と料理の教室を主宰。

鰹のたたきサラダ

■材料(ジャー1個分 約2人前)

HiBiNa焙煎すり胡麻の濃厚ドレッシング大さじ2〜3、鰹の刺身100g、胡麻大さじ1、トマト小1個(約80g)、レモン½個、玉葱小½個(約50g)、ミョウガ1個、大葉5枚

■作り方

①鰹は表面に胡麻をまぶし、フライパンなどでさっと表面を焼き、1㎝程度にカットする。
②トマトは一口大に、レモン、玉葱、ミョウガは4等分したものを薄くスライスし、大葉は千切りにする。
③瓶にドレッシング、鰹を入れ、トマト、レモン、玉葱、ミョウガ、大葉の順に詰める。

※鰹のたたきは、瓶の側面に這わせるように入れるとキレイです。
※お皿に出すときはミョウガと大葉を取り出し、残りを瓶ごと皿にあけ、最後にのせるとキレイです。

アレンジアドバイス 鰹のたたきを、茹でた豚肉や牛のしゃぶしゃぶ肉に代えても。

海老とマンゴーのエスニックサラダ

■材料(ジャー1個分 約2人前)

HiBiNaとろけるマンゴーのスイートチリソース大さじ2と½、海老(中)6尾、紫玉葱¼個(約30g)、人参⅓本(約50g)、キュウリ⅓本(約30g)、アボカド1個(100g)、マヨネーズ小さじ1、香菜適量(お好みで)、塩、酢適量

■作り方

①海老は殻をむき、背わたを抜いて塩ゆでする。紫玉葱は薄くスライスし、軽く塩揉みをして少量の酢をふっておく。
②人参はスライサーなどで千切りにして塩揉みし、水気を切る。キュウリとアボカドは一口大にし、アボカドは軽くマヨネーズで和えておく。
③瓶にソースと海老を入れ、つづいて人参、キュウリ、アボカド、紫玉葱、お好みで香菜をいれる。

アレンジアドバイス 香菜が苦手な方は、サニーレタスでも美味しく仕上がります。

ホタテとサーモンのフルーツサラダ

■材料(ジャー1個分 約2人前)

HiBiNa温州みかんとオレンジのさわやかドレッシング大さじ2、ホタテ60g、刺身用サーモンブロック60g、キウイ½個(約40g)、大根約30g、ラディッシュ2個、ベビーリーフ適量(約20g)、塩胡椒、オリーブオイル適量

■作り方

①ホタテとサーモンは一口大に切り、塩胡椒をして、オリーブオイルを入れたフライパンでソテーする。
②キウイは1㎝角に、大根は薄い千切りに、ラディッシュは大きければ1/2にカットする。
③瓶にドレッシング、ホタテ、サーモン、キウイを入れ、大根、ラディッシュ、 ベビーリーフの順に詰める。

※キウイの酵素に触れるとホタテがやわらかくなるので、必ず離すようにして下さい。

アレンジアドバイス オレンジとみかんが爽やか。フルーツ色々サラダにしても美味しいです。

最新の記事

春の芽吹きをいただきましょう

そら豆、レタス、うど、クレソン・・・。
春になると、たくさんの野菜やハーブがいっせいに芽吹きます。葉も柔らかく、香りも鮮烈な春の食材。
せっかくなら、火を通さず生のまま春の恵みをいただきましょう。

No.07 2016winterを読む

Backnumber 過去のコラム

HiBiNaでつくる 大切な人との贅沢ディナー

大切な人と2人で楽しむおうちディナーは、お料理に時間をかけるよりも、食卓でのひとときを大切にしたいもの。
HiBiNa冬のパーティーセットがあれば、2人分の贅沢ディナーを手早く準備できます。味がすぐに決まるから、初めてのお料理にも安心して挑戦してください。

No.06 2016autimnを読む

秋の実りをいただくHiBiNaのごちそうサラダ

サラダのバリエーションを広げてくれるHiBiNaのドレッシングに、秋限定で『柚子胡椒と昆布の和風シーザードレッシング』と『温野菜によく合う生姜クリーミーソース』が仲間入り。
メインディッシュになる秋のごちそうサラダをお楽しみください。

No.06 2016autimnを読む

「はじめてセット」で火を使わない夏レシピ。

ドレッシング・スープベース・ピクルスの素など人気の6アイテムを組み合わせた「HiBiNaはじめてセット」。夏の食材を使ったお料理で、手軽さとおいしさをお試しください。暑い時期なので、火を使わずにつくれるレシピをご案内します。

No.05 2016summerを読む

春野菜と魚介のマリアージュをさわやかなフルーツドレッシングで。

みずみずしい春の野菜は、魚介類と合わせて、さわやかにいただきましょう。パーティーの食卓に並べたら、それだけで会話も弾みそうです。

No.04 2016springを読む

冬の野菜たちをおいしく召し上がれ。

HiBiNaのやさしい味わいは、 冬の根菜類にもぴったりです。
レンコンやさつまいもは、ほっくり煮込んだスープに。 HiBiNaの「スープベース」なら、 お湯を加えてレンジで温めるだけ。

No.03 2015Winterを読む

HiBiNaで広がるサラダの可能性

食べやすく、とっても可愛い「スティック・オープンサンド」が今、大注目。
HiBiNaのクッキングソースで炒めた野菜を、縦に切った食パンにのせるだけ。

No.02 2015Autumnを読む

Hibina Online Shop

News お知らせ